寒すぎる職場でPC作業をするために

寒すぎる冬のPC作業は酷である

この冬はとくに冷え込みますね。東京で雪が積もったかと思えば、日本海側で記録的な豪雪。立春に入りましたが、まだまだ冬は長そうです。

寒くても、体を動かす仕事であれば、動いているうちに温まります。しかし、現代はPC作業を中心とするデスクワークが増えています。オフィスに業務用のエアコンがついていれば問題はないでしょうが、ぼくがいつも作業をしているのは、家庭用のエアコンしかついていない木造の建物です。

今朝の作業場の温度は、5度でした。これでは手がかじかんで、仕事になりません。そのため、出勤して30分くらいは、仕事に取り掛かるための準備をします。

仕事に取り掛かる前に、寒さをしのぐ準備!

  • エアコンをつけます
    • 温風が出てくるまで数分、部屋全体が温まるまで数時間かかります
    • 電気代がかかりますが、仕事に集中できないよりはよっぽどマシです
  • 電気ポットでお湯を沸かし、コーヒーを淹れます
    • コーヒーの飲み過ぎは体を冷やすため、本当はよくありません
    • 体を温めるハーブティーや、しょうが湯などが良いでしょう
  • ガスコンロでお湯を沸かし、湯たんぽを作ります
    • 会社で湯たんぽを作る人がどれくらいいるのでしょうか
    • 足元を温める電化製品もありますが、個人的には湯たんぽが好きです
  • 薄手の手袋を着用し、PCの前に座ります
    • 薄手の手袋がポイント。厚手だとキーボードがうまく叩けません
    • スマートフォンの操作が可能な手袋が理想です
  • 上着は外出と同じものを着用し、ひざ掛けをします
    • 出勤して数時間は、外と変わらないくらいの気温なので、上着はそのままで
    • ひざ掛けは大事です。膝頭が冷えると体全体が寒く感じます

さあ、今日も寒さを乗り切ろう!

ということで、冬場の寒い職場では、「今日も一日がんばろう!」という気持ちよりも先に、「今日も寒さを乗り切ろう」という気持ちになりますね。今も震えながらこの日記を書いています。

こんな環境ですが、オフィスビルで働いていた頃の、「冬なのに半袖でいられるくらい暑い!」という異常な環境よりは、よっぽどマシです。夏は暑い、冬は寒い。当たり前ですが、具合が悪くならない程度に、暑さ寒さを乗り越えたいものですね。