東海道新幹線は「エクスプレス予約(旧プラスEX)」を活用すると、数千円単位で安くなる

新幹線を乗るとき、どこで切符を買いますか?

皆さんは新幹線に乗るとき、どこで切符を買いますか? おそらく、

  • 「みどりの窓口」で購入する
  • 新幹線の改札付近にある「自動券売機」で購入する
  • 「エクスプレス予約(旧プラスEX)」で購入する

のいずれかだと思います。

もし「みどりの窓口」で購入する人がいたら、今すぐ忠告します。「時間とお金がもったいない!」と。「自動券売機」で購入する人も「お金がもったいない!」です。

「みどりの窓口」や自動券売機で切符を買うのはもったいない!

ぼくは岐阜県在住なので、もっぱら名古屋-東京間の新幹線に乗ります。「みどりの窓口」や「自動券売機」で切符を購入すると、以下の料金になります。

「みどりの窓口」や自動券売機の料金

  • 普通車指定席 名古屋-東京 11,090円
  • 普通車指定席 名古屋-博多 18,340円

自由席の料金は割愛しています。なぜなら、どれだけお金がなくても、自由席には乗りたくないからです。新幹線のホームで待つ時に「座れるかな、大丈夫かな、座れなかったら2時間も立ちっぱなしになるんだろうか、嫌だな……」と心配したくないのです。

続いて、ネットで予約した場合の料金です。

「エクスプレス予約」の料金

  • 普通車指定席 名古屋-東京 10,110円(980円割引)
  • 仏者指定席 名古屋-博多 14,200円(4,340円割引)

はい、これだけでも随分安くなりますね。「エクスプレス予約」は、窓口に並ぶことなく、ネットでちゃちゃっと予約ができ、もし乗り遅れそうになっても時間をずらすことができるのが利点です。これだけでもけっこうお得ですね。

最強の割引率「EX早特21」は、使わにゃ損損!

続いて、搭乗日の21日以上前に予約することで、驚くほど料金が安くなる「EX早特21」の価格です。(21日前までに予約すること、朝6時台か昼11時〜15時台に出発する「のぞみ」普通車指定席限定)

「エクスプレス予約・EX早特21」の料金

  • 普通車指定席 名古屋-東京 8,800円(2,290円割引)
  • 普通車指定席 名古屋-博多 13,000円(5,540円割引)

これはもう、あからさまに安いですね! 名古屋-東京間で2290円、名古屋-博多間ではなんと5540円も安くなります。これなら東京にも気軽に行けますし、博多にも飛行機ではなく新幹線で行こうかなと思えますね。

「エクスプレス予約」は、金銭的にも精神的にも負担が少なくなるサービス!

ということで、まとめます。「みどりの窓口」や「自動券売機」と比較すると、こんなにメリットがあります。

「エクスプレス予約」を使用するメリット

  • 数百円〜数千円単位で安くなる
  • 窓口や券売機に並ぶ必要がない
  • もし乗り遅れそうになっても、直前まで予約内容の変更が可能
  • 自由席に乗る必要がなくなるため、席に座れるかどうかの不安がなくなる

はい、素晴らしいですね! このサービスを利用すると、「みどりの窓口」や「自動券売機」で切符を購入する意味がなくなります。

ただ、唯一欠点があります。

「エクスプレス予約」を使用するデメリット

  • 年会費1080円がかかる

以上です。これについてはデメリットとは感じません。「EX早特21」を一年に一回でも使えば、元が取れるからです。

また、以前は一人しか乗車できませんでしたが、今は1〜6人まで利用できますから、一回あたりの割引が数百円でも、人数が多ければ割引額も高くなりますね。

ということで、ネットをしっかり活用すると、家計にもやさしいというお話でした。ありがとうございました。