ブログを更新する習慣がつくまでもう少し

ブログは最高のテキストエディタ「Ulysses」で書いています。

2018年元日からブログを毎日更新しようと決め、半月が経ちました。自分の性分に合っているせいか、書けば書くほど、集中力が上がっていることを実感します。

昨年は、仕事が終わって帰宅して、家でもまた別の仕事をしなければならないのですが、やろうやろうと思いながら気力がなく、結局夜中に仕事をして、寝不足で翌日が大変……というパターンが結構ありました。月曜の夜にやろうと思っていたことが、結局一週間できないまま、日曜の夜に作業をするという、良くないパターンも何度かありました。

一週間ずっと「やらなきゃやらなきゃ」と心の隅で考えているので、一日の終わりに「今日もできなかった」と残念な気持ちになるので、精神的にも良くない流れだということは分かっていました。しかし、解決策が見つからなかったのです。解決策は人によって違うでしょうが、ぼくの場合は、書くことだったのです。

書くことがない日など存在しません。書く気力がないときは、日記を書けば良いのです。内容はなくたって良いのです。昨今はなんでもかんでも「SEO対策」とか言っちゃって、キーワードを意識した文章ばかりでうんざりしてしまいますが、こういう内容のない日記を書いたって良いんです。検索に引っかからなくたって良いんです。それでも書く内容がなかったら、「今日は書くことがない一日でした」と正直に書けば良いのです。一日が充実していようと、そうでなかろうと、書くことはできるのです。今日はそういう日記です。

ブログを更新する習慣がつくまで、もう一息というところでしょう。このままほぼ毎日書き続けることが、一ヶ月、半年、一年と続けば、ブログ更新が習慣になることでしょう。