「産業フェアin可児2017」出展レポート

前回に引き続き今更ですが、2017年10月28日、29日におこなわれた「産業フェアin可児」の出展レポートです。たしか二日目は台風接近により一時間前倒しで終了したのですが、盛況だったと記憶しています。

フォトレポート

お馴染みの鳥居のような赤い柱で作られた入場ゲートです。産業フェアin可児へようこそ!

我らがアイ・ジャパンブースは、会場を入ってすぐの、一番良い場所でした。くじ運に感謝!

ブースはこんな感じでした。アイ・ジャパンの仕事を一言で表すにはどんな言葉が良いだろうと考えた末、「植物エキスの専門店」となりました。

今回は父の「森のゆりかご」と、ぼくの「森の仲間」の両方を展示しました。なぜかというと、この一週間後にメッセナゴヤがあったため、アイ・ジャパンとしては産業フェアに出展する予定がなかったのです。そのため、「森のゆりかご」がメインとなっています。

アイ・ジャパンの庭で採れたローズマリーを抽出したエキスを、特別価格で販売しました。亜臨界抽出法で作ったルームミストは、植物そのものの香りが楽しめます。いつものように「これはすごいですね!」とお褒めの言葉をいただきました。

こちらは搬入後の夕焼け。そういえば、産業フェア終了後の搬出作業は、大雨でずぶ濡れになって大変だったことを思い出しました。イベント出展は楽しいですが、苦労も多いですね〜。

まとめ

「森のゆりかご」としては、父の顔についていたイボが、乳液と併用することできれいさっぱり取れた実績のある「Eclair(エクレール)」がよく売れました。ローズマリーエキスも、お土産用として好評でした。ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

2018年は出展できるかどうか分かりませんが、もし出展することがありましたら、ぜひご来場くださいませ。2018年も有限会社アイ・ジャパンと、森の仲間、森のゆりかご、そして岐阜県可児市をどうぞよろしくお願いします。