「めいぶつチョイス」で自治体ポイントを利用する手順

めいぶつチョイス

2017年9月25日にオープンしたばかりの通販サイト「めいぶつチョイス」に参加しました。森の仲間の商品の一部が購入できます。現金やクレジットカードでの購入はもちろんですが、特徴的なのが「自治体ポイントが使える唯一の通販サイト」という点でしょう。

しかし、この「自治体ポイント」、知名度が全然ありませんので、説明が必要ですね。

自治体ポイントとは?

地方自治体が任意で発行するポイントのようです。ボランティアや清掃活動でポイントが付与される例があり、ポイントは美術館などの公共施設や、地域商店街で使えるそうです。おそらくですが、地域通貨を導入している自治体では、対応しているのではないでしょうか。

「めいぶつチョイス」で自治体ポイントを利用する手順

クレジットカードのポイントや、マイルなどを「自治体ポイント」に交換して、「めいぶつチョイス」で利用できるそうですが、ちっとも方法が分からないですよね。ということで、自治体ポイントを「めいぶつチョイス」で使えるようにする(けっこう長い)手順を紹介します。

  1. 「マイナンバーカード」を作る(申請から交付まで約3週間前後)
  2. 「マイキーID」を発行する
  3. 「めいぶつチョイス」に会員登録後、「マイキーID」と連携させる
  4. 「マイキープラットフォーム」の「マイページ」から、自治体ポイントへの交換手続きをおこなう

うーむ……かなり長く険しい道程ですね。「マイナンバーカード」は分かるとして、そもそも「自治体ポイント」がまだ知られていないのに、「マイキーID」「マイキープラットフォーム」と、新たな名称が出てきています。

問題なのは、自治体単位ですから、全国共通ではなく、都道府県別ですらなく、市町村別にポイントを交換する必要があるわけです。「マイキープラットフォーム」の使い心地は分かりませんが、自治体ごとにポイントの交換申請を行わなければならず、少々面倒です。

マイルやクレジットカードのポイントは、Tポイント、nanaco、Pontaポイントなどに交換できるので、もともと使い勝手が良いのです。自治体ポイントは、現時点では利便性が感じられず、魅力に乏しいかもしれません。

しかし、これから「めいぶつチョイス」に参加する自治体が増え、他所の通販サイトでは買えない商品が多く並ぶようになって、「マイナンバーカード」の申請が増え、マイナンバーカードが使える施設やサービスが増え、「自治体ポイント」が認知されるようになれば、一気に化ける可能性はありそうです。

「森の仲間」としても、せっかく参加しているのですから、もっと魅力的な商品を登録して、「めいぶつチョイス」を盛り上げていきたいと思います。新しい試みは、最初は障害がつきもの。応援しています♪