弥生会計・弥生販売の「あんしん保守サポート」解約手続きで苦労した話

さて、今回は以前会社用に購入した「弥生販売」「あんしん保守サポート」が、ちょっと詐欺に近いんじゃないかな……と感じたので書き残しておきます。

2015年の夏、会社の古いWindowsXPのPCを買い換えることになり、Windows10のPCと弥生販売を購入しました。すぐに弥生のウェブサイトで製品登録を済ませました。おそらく見落としていたのだとは思いますが、この時点で「あんしん保守サポート」に加入したという認識はまったくありませんでした。

それから一年が経った2016年のある日、会社に「あんしん保守サポートの契約に関するハガキ」が届きました。ハガキに書かれている期限までに解約を申し出ないと、自動的に一年間更新され、「あんしん保守サポート」費用として43200円(製品により金額は異なる)が請求されるとのこと。

はてさて、私はそんなものに加入した覚えがないのですが……。しかも、「解約手続きは電話のみ」ですから、ちょっと納得がいきません。すぐに電話すれば良かったのですが、私は解約の電話をすっかり忘れており、気づけば解約期限が過ぎてしまいました。

解約期限の数日後、私は弥生のサポート窓口に電話しました。事情を説明し、「期限が過ぎてしまっているため更新のキャンセルはできかねます」とのこと。まあ、それは仕方がないですね。ごねるつもりはありません。

ただ、次回も更新されるのはさすがに嫌ですし、また解約手続きを忘れてしまっては大変です。私は「あんしん保守サポートは不要なので、来年から更新されないようにしてほしい」と伝えたのですが、それも「できかねます」と断られてしまいました。

「それでは来年自動更新されないようにするには、どうするべきですか?」と尋ねると、「来年また同じようにハガキが届くので、そこに書かれた期限までに電話してください」とのこと。私は唖然として、しばらく開いた口が塞がりませんでした。

信じられないことに、また一年後に「ハガキ」が届くので、そこに書かれた解約期限までに「電話」しないと「解約」できないそうです。

ハガキに書かれた解約日は、ハガキ到着日から数週間以内です。つまり、「一年後のわずか数週間だけが、あんしん保守サポートを解約できる期間」なのです。こんなことって、あるのでしょうか? まるでお役所仕事で、まったくもって理解できませんでした。

後になってネットで調べてみたら、「ゴネれば解約できる場合がある」とのことでしたが、ゴネるなんてできませんし、だったら最初から正直者でも解約できるようにしてほしいものです。

そもそも「あんしん保守サポート」は、「毎年バージョンアップができる」のが一番のメリットです。弥生側の言い分は、「バージョンアップしないと、消費税が10%になったときの対応が手動でしかできなくなります」とのことで、今どきついてて当たり前の機能を、まだ導入していないことに驚きました。

ようするに、「あんしん保守サポート」を契約させるために、消費税の自動設定機能の搭載を先送りしているようなものなのです。こんな言い方は大変失礼なのですが、そうとしか思えないのです。「技術的な問題」ということでしたらすみません、謝ります。

そして、一年後の2017年。再び「あんしん保守サポートの契約に関するハガキ」が届き、今度こそ解約を申請しました。ハガキが届くかどうかも不安でしたから、もやもやした一年間でした。

この話には続きがあり、私は仕方なくあんしん保守サポートを更新したのですが、PCの問題なのか分かりませんが、何をどうやってもアップデートできず、サポートに問い合わせても解決できませんでした。つまり、あんしん保守サポートの特典であるバージョンアップができなかったのです。私は43200円をドブに捨ててしまったのでした。お金さん、ごめんなさい。

さらに、数年前までは既に消費税が10%になっているはずだっただったため、

もしかすると、今はネットでも解約できるようになっているかもしれませんが、正直かなり

個人的に使っていた「freee」は、頻繁にバージョンアップされて使いやすいし(というか弥生とはUIの美しさからして天と地ほど違います)、何より安い。Hさんの会社でも、「freee」に変えて問題ないようなので、来年からは弥生はやめて、「freee」に乗り換えることにする。43200円は無駄な出費でしかないが、まあ良い経験にはなったのかな……とは思います。