YouTube「森の仲間チャンネル」スタートしました!

SNSの無駄な投稿をやめて、ブログに集中しよう!

SNSのメリットとは?

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といえば、Twitter、Facebook、Instagramが主流でしょうか。そもそもSNSってなんだったっけ。自分でもあまりよく分かっていませんので、特徴とメリットを整理してみましょう。

  • 自らの情報を文字、画像、動画形式で投稿できる
  • 投稿にはコメントやメッセージを送ることができる
  • 関心のある人をフォローすることで、タイムラインに流れる情報を選ぶことができる
  • 著名人と一般人の垣根がなく、近い感覚で交流できる
  • 共通の趣味や価値観を持つ人とつながることができる
  • 電話やメールを使わずとも、SNSだけでコミュニケーションが可能である

ぱっと思いつくだけで、これくらいメリットが挙げられます。うーむ、あらためて考えるとすごいですね。SNSがあれば電話もメールも不要になるのは、最近よく感じることです。電話が苦手な私は、よほど込み入った内容でなければSNSで済ませてちょーだい、と思うようになりました。

あたなは情報発信派? それとも収集派?

どんなSNSも、サービス開始当初は楽しいです。ネットリテラシーが高い人たちが率先してサービスを使いこなそうとして、有益な情報がタイムラインに流れてくるからです。Twitterの初期は本当に楽しかったですね〜。

そんな便利なSNSですが、ある時期から急激につまらなくなってしまいます。居心地が悪くなるというか、「ここじゃない感」が強くなってくるのです。この感覚は、情報収集派には伝わりにくいでしょうが、情報発信派には分かってもらえると思います。

「ここはもう自分の知っている場所じゃない。新たな場所に引っ越すぞ!」という潜在意識を刺激し、一部のTwitter民、Facebook民は安住の地を求めてMastodon(マストドン)へと旅立ったようですが、それはまた別の話。

情報発信派は、言いたいことが言えなくなっていく

情報発信派は、SNSで会社の同僚、上司、部下とつながるのは要注意です。また、仕事の取引先とつながるのも危険です。家族とつながろうものなら最悪です。 これらの人々とSNSでつながってしまうと、以下の内容が書きづらくなります。

  • 仕事上の悩み、愚痴
  • 自分の弱みを見せること
  • 社会や政治への意見
  • ゲームやアニメのこと
  • スピリチュアルっぽいこと
  • その他のオタクっぽいこと

私のFacebookは、仕事関係のつながりが増えたために、年々息苦しくなっていきました。いつしか業務的な内容を淡々と投稿するだけになり、「なんで企業アカウントみたいなことしか書けないんだろう……」と悲しくなりました。 私のタイムラインは、毎日投稿するおしゃべりな人の独壇場となってしまいました。

とくに親しくないとはいえ、Facebookでつながっていますから、友達登録を解除するわけにもいきません。「この人たちにタイムラインを汚された……」と、心の中で泣きながらFacebookアプリを閉じるのでした。気がつけば、ほとんどFacebookにアクセスしなくなっていました。

Facebookは汚された、次はInstagramだ!

Facebookがダメなら、Instagramがあるじゃないか。私はいち早くInstagramを利用し始め、わくわくしながら写真を投稿していました。英語のタグをつけると外国人からLikeされることに感動したものです。

Instagramは楽しかったです。自由に投稿ができたからです。写真がメインで、文章が目立たないのも良い。言いたいことをさらっと書いても、文章を読む人はほとんどいないから気が楽でした。 しかし、Instagramの時代も長くは続きませんでした。

Facebook民がどっとインスタに流れてくる!

当時のことをインタビューされたら、「まるで津波のようでした。節操のない人々が、Facebookからインスタに流れてくるのです。Facebookと Instagramでまったく同じ投稿をする人も少なくなく、ゲンナリしましたよ」と答えるでしょう。

「インスタ映え」という言葉が定着し始めた頃には、Facebook民の半数がインスタに流れてきていました。Facebookでつながっていると、 Instagramのおすすめユーザーに表示されるようで、どんどんフォローされます。最初のうちは仕方なくフォローを返していましたが、案の定タイムラインが汚され始めたので、途中からフォローバックをしなくなりました。

というか、Facebookでもつながって、 Instagramでもつながって、電話でもメールでもつながって、……どんだけつながりたいんだ! と、現代人の「つながりたい病」に恐怖を覚えます。まあ、私が人一倍「つながりたくない病」を持っているため、余計にそう感じるのでしょうけど。それにしても、つながりすぎではないでしょうか。

2020年のSNS運用術

2020年になっても、この状況はあまり変わっていません。Facebookに投稿する人が減った分、Instagramに投稿する人が増えただけのような気がしています。

2019年までは、Instagramは週に数回、Facebookは月に1回くらいのペースで更新していました。しかし、2020年になってからは、InstagramもFacebookもまだ一度も更新していません。何を更新するべきか分からなくなっているからです。

なので、リアルの知り合いがほぼ見ていないと思われる、このブログのほうが更新しやすいわけです。あとは、Twitter、YouTubeを優先的に更新していくと思います。FacebookとInstagramは、もう汚されてしまっているので……。

それでもSNSは続けていく

「SNS疲れ」という言葉が取り上げられていたのも既にずいぶん前のような気がします。それくらい息苦しくなったSNSですが、冒頭に挙げたように、それでもSNSを使うメリットはたくさんあります。

今年はYouTubeに本腰を入れると決めたので、より一層、真剣にSNSに取り組まざるを得ません。SNSでの交流は苦手ですが、用途に合わせてSNSを使いこなすことで、仕事につながっていくわけですから、無理してでも使い続けていきます。

もっとも無難なSNSの使いかたは、「当たり障りのないこと、後悔しないことを投稿する」ことですね。その上で、ときどきバズるような投稿ができれば最高なのですが……まだまだ使いこなせていませんね。

SNSが得意になる方法

これはとても簡単で、たくさん発売されている書籍を参考に、実行するだけです。私はそれができないから苦労しているだけです。

SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術

SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術
本書は、FacebookやTwitterに代表されるSNSで、コストをかけずにマーケティングの効果を上げたいと考えている企業のWeb担当者や一般の初心者に向けて、SNSマーケティングとはなにか、どのように運用していったら効果を上げられるかについて、Facebook、Twitter、Instagram、およびYouTube、LINE@、Pinterest、Snapchatなどを含めた新旧のSNSを使ったマーケティングの具体的な実践方法を解説しました。

起業家・フリーランスのための「ブログ・SNS集客」のキホン

起業家・フリーランスのための「ブログ・SNS集客」のキホン
本書では、どんなツールをどう使う販促方法があなたに合っているのか、 ツール別の具体策から、情報発信の文章術、“ダメ情報発信あるある”まで、 「ウェブ集客」のキホンを、ウェブ活用アドバイザーが解説。

実際のところ、SNSを使いこなすには、コミュ障のままでは厳しそうですね。なんでネットにまでリアルの付き合いを求められるのか……残念でなりません。

Instagramはアカウントごと削除しました。Facebookは残しますが、ほとんど更新しないでしょう。今までInstagramやFacebookに費やしていた時間を、ブログに回すことで、私が本当に言いたいことを、文字数や世間体を気にすることなく書く。そのほうが健全だし、私の思いが届きやすくなるはず。

ということで、今年はYouTubeとブログをがんばります。最後までお読みいただきありがとうございました。