YouTube「森の仲間チャンネル」スタートしました!

Mac mini(2014・HDDモデル)は 外部SSDを起動ディスクにすることで動作が爆速に!

Mac mini

突然動作が不安定になってしまったMacBook Pro

2015年末、それまで使っていたMacBook Proの動作が怪しくなりました。初期化しても動作が安定せず、年末でウェブの仕事が立て込んでいたこともあり、急いで新しいMacを購入する必要に迫られました。安いマックといえば、当然ハンバーガーである……はずがありません。マクドナルドではなく、Macの話。そもそも私はマックよりもモス派です。なんの話でしょうか。

その後、動作が著しく不安定になったのは、Adobe Creative Cloudアプリの不具合が原因だったことが判明しましたが、後の祭り。ひどい話です。幸い、クリーンインストール後は正常に動作しているので、今は家族用に使っています。

Mac miniに買い替えたものの、またしても不安定に……

安いMacといえば、10万円以下で購入できるMac miniですね。私はHDD1TB、メモリ8GB の Mac mini (Late 2014)を選びました。データ移行はいたってスムーズ。Mac miniの動作は決して早くはありませんでしたが、2010年のMacBook Proと同じくらいの体感性能だったので、とくに不満もなく使っていました。

しかし、Mac OSのアップデートの影響か、ある時期から動作が尋常ではないほど遅くなってしまいました。Mac miniよ、お前もか。具体的には、PhotoshopやIllustratorを立ち上げようとすると、起動するまでに5分くらいかかるのです。忘れた頃に起動する……まるで、よぼよぼのおじいちゃんのようです。これでは仕事にならないし、仕事をする気が起きません。さすがに限界を感じ、HDDではなくSSDに変えようと決意しました。

最近のMacは簡単に外部SSDを起動ディスクにできる!

Mac miniを分解して、HDDをSSDに換装する方法は、過去に調べたことがありました。特殊なドライバーが必要で、細かい作業が多そうなので、できれば避けたいです。他に良い方法はないだろうかと調べていくと、なんと「最近のMacは、外部SSDにMac OSをインストールすることができ、外部SSDを起動ディスクとして設定できる」とのことでした。

「あれ、これはまさか、わずかな投資でMac miniが復活するのかな?」
Mac miniを買い換えることなく、SSD化できることが分かり、ひたすらMacの外付けSSDに関する記事を読み漁りました。

調査の結果、「SSD」と「ケース」があれば、MacをSSD化できることが判明。そしてキーワードは「UASP」! これに対応したケースを使うと、高速でデータを読み取れるらしいのです。ということで、SAMSUNGのSSD(256GB)と、USB3.0で「UASP」対応のケースを購入しました。

SSDとケースはこの組み合わせがオススメ!

(2019年11月:追記)

ここで紹介していたSSDが新しくなっていましたので、差し替えました。現在はSSDが値下がりしていますので、さらに気軽にMac miniがバージョンアップできますよ!

森の仲間のオススメ「Mac mini換装用SSD」

Samsung SSD 250GB 860EVO 2.5インチ内蔵型
容量:500GB シーケンシャル:読み出し550MB/s 書き込み520MB/s 4KBランダム(QD32):読み出し98,000IOPS、書き込み90,000IOPS コントローラ:Samsung MJX コントローラ フォームファクタ:7mm厚 2.5インチHDD互換 保証期間:5年保証(TBW:300TB)

互換性が心配だと思いますので、念のため、Mac mini(2014)の換装に成功した方のレビューを引用しておきます。私とまったく同じ環境ですね。

Mac mini Late2014の換装に利用
(容量: 500GBスタイル名: 2.5インチ)
今さらながらですが、1TB HDD搭載のMac mini Late2014にカツを入れるべく、500GB SSDに換装しました。
効果はてきめん! 新Mac miniが不要(大げさですが。。)と思わせるほどに起動が高速に。起動後も各APPがスムーズで今までが何だったのか?と思うくらいです。 非常に満足度の高い費用対効果でした。

森の仲間のオススメ「HDD/SSDケース」

商品名はHDDケースとなっていますが、SSDもばっちり使えます。

オリコ ORICO 2.5インチ HDDケース
【データ転送】SATA3.0 USB3.0の接続、高速UASPデータ転送モード対応。 【対応ドライブ】2.5インチ 9.5mm以下のSATA HDD、SSD 【対応OS】Windows XP/Vista/7/8/10、Mac 9.1/10.2以上 【カラー】ブラック/シルバー/レッド/ブルー/オレンジ 【パッケージ】商品本体、USB3.0ケーブル

Mac mini を SSD化するまでの手順

ネットの記事を参考に、以下の流れでSSDに移行しました。

  1. SSDをケースに装着し、ケースとMac miniをUSBで接続
  2. App StoreでMac OSをダウンロードし、SSDにインストール
  3. 再起動すると、SSD側からMacが起動する
  4. 一から設定をし直し、よく使うアプリをインストール
  5. Dropbox等の同期を終え、無事に移行完了!

爆速のMac miniが誕生!

結果的に、とんでもなく早いMac miniが誕生しました。これまでの遅すぎる動作は、すべてHDDが原因だったようです。普通のアプリであれば、ほとんど即時起動。Adobe系のアプリでも、15秒程度で起動します。アプリを複数起動しても、動作がもたつくことが少なくなりました。うーん、快適! 快適この上ないこと甚だしいったらありゃしない! 人間でいえば、「よぼよぼのおじいちゃん」状態だったのが、「お肌ぴちぴちの20代」に若返った気分です。

2015年末時点でも「外付けSSDからMac OSを起動」はできたような気がするので、Mac mini自体買う必要がなかったかもしれない……と考えると元も子もありませんが、性能が悪いと思われがちなMac miniでも、外付けSSDを使えばPhotoshopやIllustratorも快適に動作することが分かって良かったです。動画編集は厳しそうですが、それ以外のほとんどのことは、Mac miniで作業できます。

まるでパソコンを買い替えたときのような清々しい気分。タイピングをする指先も心なしか軽やかです。それにしても、HDDとSSDでこれほどまでに動作速度に差があるとは思いませんでした。以前使っていたMacBook AirはSSDで、全体的な動作は早かったのですが、メモリが4GBだったためか、Adobe系のアプリを動かすのは少し大変でした。8GB以上のメモリがないと、SSDの性能を最大限に発揮できないのかもしれないですね。

「Mac miniの動作が遅すぎる!」とお悩みのあなた、買い換える前にSSD化してみてはいかがですか? 1万円程度の投資で、驚くほど快適になりますよ。

追記:Mac mini(2018)はどうなの?

その後、Mac miniが4年ぶりにアップデートされました。私はMac miniが好きなので、仕事用に最安モデルを購入しました。待ちに待ったアップデートだけに、完成度が高く、使い心地は「最高!」の一言です。2014年モデルの不具合が改善し、まったくストレスなく動いています。

Mac mini(2014)を使われている方は、この記事を参考にSSDに換装するだけで十分なのですが、これからMacを購入される方には、Mac mini(2018)を全力でオススメします。

Apple Mac mini (3.6GHzクアッドコアIntel Core i3プロセッサ, 128GB)
こちらがMac miniの最安モデルです。ストレージ容量は128GBです。

私はあまりにもMac mini(2018)が気に入ったので、「10万円以下なのに高性能! Mac mini(2018)を全力でオススメする7つの理由」という熱い記事を書きました。こちらもぜひ読んでみてくださいね。