物語

物語

小説『ソファー』

1 関東地方は夕刻から豪雨に見舞われた。 夜から始まるはずだったスナックでの仕事は丸々休みとなった。突然訪れた休暇は、水...

物語

掌編「涙が枯れ果てた男」

私は泣き虫だった。小学校ではクラスのいじめっ子に泣かされ、中学校では不良の先輩に泣かされ、高校では隣町の暴走族に泣かされ...

作品集

短編「ある流行作家の生涯」

男の頭の中で、大きなファンファーレが鳴り響いた。トランペットの音とともに、男の胸は高鳴っていた。 「いよいよだ。私の最後...

作品集

掌編『アール氏の栄枯盛衰』

アール氏は椅子から勢いよく立ち上がった。立ち上がる勢いが強すぎて、アール氏の足は地面を離れ、体は宙に飛んでいき、家の屋根...

物語

よなよなエール

 おじさんから連絡があったのは、自宅で一人酒をしている夕暮れ時だった。僕は音楽で食って行く夢を諦めたばかりで、長く続けて...

物語

小説「手紙」

1 らせん階段をカン、カンとハイヒールが音を立てる。車通りの少ない深夜二時の閑静な住宅街では、猫の鳴き声とマンションの住...