1. HOME
  2. 森の仲間 from アイ・ジャパン
  3. 「森の仲間ポータル」からのご挨拶
森の仲間 from アイ・ジャパン

「森の仲間ポータル」からのご挨拶

通常の記事は「だ・である調」で書く予定ですが、自己紹介は「です・ます調」で書きます。

自己紹介

私は さかたさとし と言います。
主な仕事は、有限会社アイ・ジャパン(以下IJ)の実質的な運営です。

つまり、研究開発から顧客対応、ウェブサイト制作から商品発送まで、
何から何まで、ほぼ一人でこなしています。

アイ・ジャパンとの出会い

2013年の後半に、初めて代表の堀江さんと会いました。
2014年からは、月に一回くらいのペースでIJに通うようになりました。
その後、訳あって2016年からほぼ毎日IJで仕事をするようになりました。

(このあたりの経緯はいつか記事にまとめたいと思いますが、2018年末、まるで映画のような奇跡が起きました)

2018年から会社経営を任される

2018年からは、経理も含めて完全に一人で会社を経営することになりました。
もちろん堀江さんは研究者・経営者として相談に乗ってくれますが、
私が会社の舵取りをすることになったのです。

あっという間に経営危機

お金に対する苦手意識が強く、貯金もろくにできない私が、経営に向いているはずはありません。

案の定、会社のお金はみるみるなくなっていき、夏には経営危機に陥っていました。

そして2018年の秋、台風21号により倉庫の屋根が吹き飛んでしまいました。
私の心は、屋根とともに吹き飛んでしまいました。

台風と心労で憂鬱に

それからは気分が塞ぎこんでしまい、
やがて鬱としか言いようのない状態になりました。

鬱は日に日に悪化していき、
「もう限界だ。こんな状態では、来年からはもう続けることができない」
とまで考えるようになりました。

この時期は笑顔にもなれず、ただただ無気力で、涙が自然に溢れてくるほどでした。
実家住まいなので救われましたが、一人暮らしをしていたら自殺を考えていたでしょう。

気分転換に中国へ

ところが、捨てる神あれば拾う神ありです。
限界ギリギリの状態の私に、同い年の経営者であるOさんが言いました。

「急ですけど、月末に中国に行きませんか?」

Oさんは中国に何年か住んでおり、
仕事で定期的に中国に行っているとのこと。

私は海外旅行に一度しか行ったことがなく、中国は初めてでしたが、
しんどい時は環境を変えると良いことがありそうなので、数週間後に中国に行きました。

復活、そして2019年も存続を誓う

中国出張の話は別の記事にまとめますが、
帰国後の私は驚くほど元気になっていました。

私が鬱だった期間は、売り上げが10万円にまで落ち込みましたが、
12月の売り上げは100万円を超えました。

一年を通しての売り上げは、ギリギリ赤字でしたが、
気持ちが前を向いたため、2019年も運営を任されてみようと決めました。

(普通の会社ではこのような売り上げでは潰れてしまうのですが、IJでは最低限の給料と経費で運営しているため、潰れることはありませんのでご安心を)

まずは売り上げを安定させよう

私はIJの給料だけでは食べていけませんので、仕事を掛け持ちしているため、
無駄に忙しいのにまったく利益がないという状態がかれこれ5年も続いています。

20代だったら頑張れるのですが、ちょっともう限界です。
2019年はIJの売り上げを安定させることが、目下の目標です。

伏見稲荷大社で商売繁盛祈願

今年は商売繁盛を願って、京都の伏見稲荷大社まで参拝に行ってきました。
そのお陰か、年明けからずっと忙しく、この調子ならば目標が達成できそうだと、
忙しさで目が回りそうになりながらも、こうして文章を書いています。

ブログで情報発信!

なぜ忙しいのに文章を書いているのかというと、今年の目標のひとつが、
「ブログ記事を書きまくって、情報を発信すること」だからです。

今年は目標がたくさんあって、そのほとんどが、
IJと「森の仲間ポータル」につながります。

これまでやってきた色んなことが無駄にならないように、
趣味と仕事を全部つなげていこうと計画中です。

無理はしない!

毎日元気よく動き回ることができれば、目標は達成できるのですが、
ストレスを溜めやすく気持ちの浮き沈みが激しい私です。

突然やる気がなくなる可能性はありますが、
そんな自分とは30年以上向き合っているのですから、

心が折れそうになったら仕事を休んで旅に出て、
森を歩いて温泉にでも入っていれば、やる気は戻るでしょう。

「森の仲間ポータル」が目指す場所

今年は「森の仲間ポータル」が本格始動します。

人類はこの数百年、自然とは真逆の方向に進んでしまいましたが、
ようやく「このままではいけない」と呼びかける声が目立ってきました。

当サイトでは、このままではいけないと感じている人たちに向けての
さまざまな情報を、文章、絵、音、動画などでお届けします。

「森の仲間」はIJのブランドです

「森の仲間」は植物エキスを活用した商品のブランド名でもあります。

2017年2月に立ち上げ、試行錯誤を繰り返しながら、
今は可児駅前の「mano(マーノ)」という公共施設に商品を置かせてもらっています。

「舐めても安全なレベルの消臭除菌剤、化粧水、虫除け」を目指していますので、
これからの時代に必ず必要になってきます。
これらの商品や、自然界の考え方を広めていくことも私の使命です。

最終的には、森と同じ空気を再現し、
店にいるだけでリラックスして、元気になっちゃうような、
そんなカフェを作りたいですね。

とにかく読んで! 乞うご期待

まずはいくつか記事を書き上げますので、
記事を読んでいただければ、私が目指しているものが伝わることでしょう。

ということで、あらためて「森の仲間ポータル」をよろしくお願いします!

「森の仲間ポータル」さかたさとし

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。