ぼく、どこでも眠れるよ!

自分らしい絵のタッチを模索していて、この絵が描けたから、次につながったような、記念すべき作品です。